君津の整体/カイロ/マッサージ 骨格ケアセンター | 日記 | 骨盤ケアのすすめ

運動学を取入れたスポーツトレーナーの整体法!

Top >  日記 > 骨盤ケアのすすめ

君津の整体/カイロ/マッサージ 骨格ケアセンター の日記

骨盤ケアのすすめ

2014.09.16

骨盤は身体の土台です。
その土台が歪むとどうなるのか?

骨盤の歪みは身体全体に影響しやすい部分なので、骨盤が歪めば代償動作で背骨も歪みます。
歪んだから、すぐに症状が出る事はありませんが、問題は症状に気付かない事です。

骨盤が歪むと、左右の足の長さにズレが生じる事が多く、足の長さが変われば重心がずれます。
重心がずれたまま放置していると、それに気付かずに軟骨が摩耗したり変形してしまう事もあります。

また、アスリートであれば骨盤が凝り固まっていては体幹運動が妨げられ可動域も狭くなりますし、体重移動が出来ない為、100%の力は出せない状態で競うという事です。

微妙なコントロールを必要とする競技なら致命的な事です。

このズレは比較的簡単に改善出来るものなので、悪い癖がつく前に整えるべきです。 また、女性の場合は出産でも骨盤が変化します。

これは妊娠中期の、お腹が大きくなり始めた頃に関節が緩んで姿勢変化が起きる為です。 さらにお腹が大きくなる後期では恥骨が開き腰椎のS字カーブもきつくなります。

腰痛のなかった人が妊娠中に腰痛を発症するのは、腰の反りが関係しているからです。

そして、産後は骨盤が緩んでいる為、身体を動かす事で骨盤が歪みやすくなります。 特に赤ちゃんを抱く姿勢が関係します。 この歪みを改善するのは、産後1~3カ月以内の骨盤矯正が良いと思います。

通常は半年程度の期間で骨盤が普通の状態に戻りますので、それまでの期間中に定期的なケアを続ければ体型維持や生理痛軽減効果が期待できます。

日記一覧へ戻る

【PR】  BAR Mellow (バー メロウ)  サラダ館松伏店  メニコン水道橋  re:makehair(リメイクヘアー)  岩本鍼灸院